フィリピンで戦争について考えるーイントラムロスとコレヒドール島ー

イントラムロスの見学

マニラのニノイアキノ空港に到着すると、南国のむっとした空気が熱帯に来たことを感じさせます。空港からタクシーに乗りエルミタのホテルへ。チェックインしてこの日は休憩。翌日、ジープを改造した、フィリピン独特の乗り合いバスのジプニーでイントラムロスへ。ここは16世紀にスペイン人が建てた要塞。フィリピンの英雄リザールが監禁されていた部屋も復元されていて、見学できます。戦時中、日本軍がフィリピンを占領し、抗日ゲリラを捕まえて監禁していた場所でもあります。ゲリラを拷問し虐殺した場所も残っています。戦争末期のマニラの市街戦では、多数の市民を巻き込み、約10万人のフィリピン人が犠牲となりました。モンテンルパの戦犯死刑囚を日本に帰してくれたキリノ大統領も、日本兵によって妻子を殺されております。その恨みをおさえての判断に頭が下がる思いです。

コレヒドール島の見学

3日目はコレヒドール島に行きました。マニラ湾入り口に浮かぶ島でオタマジャクシの形をしています。マニラ湾の乗り場から船に乗るのですが、この船が日本のおさがり。あちこちに日本語の説明が残っています。コレヒドール島に上陸しますと、数台のジプニーが待っていました。英語で案内するジプニーと日本語で案内するジプニーがありました。ここは迷わず、日本語のジプニーを選択。変な日本語を操るフィリピンのおじさんが案内してくれます。この島は、1941年のアジア太平洋戦争の開始直後にマッカーサーが司令部を置いた島。マッカーサーは翌年3月にオーストラリアに脱出します。その時の言葉が、”I shall return”。その後、バターン半島に続いてこの島も日本軍に占領されます。この戦争中の武器や要塞が残っていて、巨大なマリンタ・トンネルや兵舎とともに観光スポットとなっています。イントラムロスとコレヒドール島を訪ねて、戦争について考えさせられました。

余暇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です